結び帛紗花月 濃茶付き貴人清次花月 二人貴人且座


結び帛紗

1, 席入りが終わると亭主は帛紗を付けないで迎え付けで総礼。
  『結び帛紗で致します』

2, 正客以下帛紗は腰に付けないで『お先に』と挨拶して四畳半へ進む。

3, 亭主は折据を正客に預け、茶碗を運び棗と置き合わせ、結び帛紗を右掌の上、左手には建水、踏み込み畳の敷き合わせに置き、仮座に座る。

4. 付き物花月ではないので『どうぞ折据のお回しを』は言わずに正客は次礼をして折据を回す。『花』が名乗る。

5, 花は替札を取り踏み込み畳みへと進み結び帛紗を解くと腰に付けて建水を持っいて点前座へ進む。

6, 茶が点つと『月』『花』『松』帛紗は建水上座に置いて仮座へと進む。以下は花月之式の四服点です。

7, 仕舞花は替札を折据に入れ、点前座へ戻って水を一尺釜に入れて帛紗は腰、茶碗が戻ってくるのを待つ。


濃茶付き貴人清次花月

1, 乞札 折据の上に月を上にして、札を茶道口で回してから亭主は貴人の膝前に置き左右と下がって貴人礼、貴人は受け礼

2, 亭主は貴人台を建付けに置いて貴人礼、貴人は受け礼。点前座でお茶入れと貴人台を置き合わせする。

3, 踏み込み畳の敷き合わせ前に座り完遂は勝手付けに置き、次茶碗は左手で取り右手で建水の横、懐紙に挟んだ千鳥板を右で取り
左で扱って右手で次茶碗の下に置く。

4 ,仮座に着くと亭主は貴人に『どうぞ折据のお回しを』
貴人は二客に『お先に』乞札を縁内畳人目に置く。
亭主が札を小指と薬指に握りこみ折据を膝前に置くと貴人以外は全員札を見る。貴人は『月』、『花』と名乗る。

5, 貴人が点前座で柄杓を蓋置の上に置くと総礼、亭主は仮座に座った状態で、繰り上げはしません。

6, お茶を点てる準備をします。

7, 帛紗を捌いて右膝頭に仮置き。

8, 花は点前座に進むと仮座の亭主は花の座に入る。

9, 帛紗を捌いて右膝頭に仮置き。

10,花は茶を点て定在に出すと左右と下がって控える。



二人貴人且座

1, 亭主はどうぞお香を

2, 貴人の正客は火相を見てひと膝進み、左手を添えて重香合の蓋をとり香盆の右に置く。

3, 左手を添えて香包みを取って、左膝わきから五目、畳縁内二目に置く。

4, 左手を添えて蓋を閉めましたら左手を添えて二段目の蓋を開ける。

5, 銀葉挟みを取り扱って銀葉を一枚挟み、左手で右手首を固定させて聞香炉の山型の灰の上に乗せて、小指で軽くおさえる。

 



2021年02月27日