茶通箱付花月

 

1, 月が濃茶を点てるまでは、濃茶付花月と同じですが、次からは違います。仕舞花は中仕舞をして帛紗を腰、替札を持って仮座へ向かう。

2, 月は仮座へ、正客は茶碗を取り込み連客と総礼。

3, 月が飲みきると正客はお茶碗の拝見を、

4, 順次拝見をする。花は替札を持って点前座へ進む。

5, 花は帛紗を捌いてから中仕舞を解き茶巾の絞り、たたみかえ、釜の蓋の上に戻し水指の蓋を二手で開け、帛紗は腰。

6, 正客より『今一種のお茶をいただきます。』花はちりうち、お茶碗を出会いで返す。

7, 茶碗を取り込み パークルクル 茶を出す。
  すぐ札を持って仮座へ、
  総礼はなくて次礼、茶碗そのあと折据を送る。
  仮座の花の吸い切り音で一斉に札を見る。
  『花』 月と仮座の花は『松』

8, 花は居前に戻ると水一尺挿すと正客から『先のお茶入れお仕覆の拝見を』、道具を出す。

9, 居前に戻ると棚の上の薄茶器を膝前に、帛紗を捌いて清め、建水の右肩に置き帛紗は腰。

10,先のお茶入れとお仕覆が拝見に出されると正客はお道具を取りに行き、詰は出会いでお茶碗を返す。

11,茶碗を取り込み総礼、お茶碗はクルクルパー 薄茶を点ててお茶碗を出すと、『月』『花』『松』と名乗る。

12,花は替札を取って点前座へ、茶杓を水差の上に仮置き、後の茶入れを棚の上に置き、建水右肩の棗をその後に置き合わせ、茶杓をその上に乗せ、茶碗が戻ると2服目を点て定座へ出す。『月』『花』『松』
仮座へ行く。

13,三服目は仕舞花。茶が立つと『月』が名乗り、花は替札を折据に入れて居前に戻り水一尺釜に入れる。

14,正客が折据を縁外5目に置いたらお茶碗を返す。
  花は茶碗を膝前に取り込み主客総礼。四畳半から八畳へ下がる。

15,花が水指の蓋をすると正客が所望する。
  拝見に出す。
  柄杓蓋置を棚に飾る。
  茶碗を勝手付けへ、
  薄茶器を棚に飾る、
  建水を持って三歩退く。建水を置き自席へ戻る。

2021年02月26日