日頃のお稽古が『ソロ曲』だとすると、花月は『コンチェルト』または『ジャズのセッション』みたいな感じに思えます。

よし庵では、これから花月のお稽古にも力を注いでいくつもりです。立ったり座ったりと、まぁややこしいのですが、これが結構クセになる楽しさ😍

 日頃のお稽古が『ソロ曲』だとすると、花月は『コンチェルト』または『ジャズのセッション』みたいな感じに思えます。

 数人でのお稽古が『ピタッ』と決まるときっと楽しいに違いない!今までのところ、よし庵はまだその境地には至ってはおりませんが、でもいいのです。
これからのお楽しみとして取っておいたのです。
 
 最近、よし庵の生徒さまが目覚めだしました。
もともと素敵な生徒さま達ですが、ここ最近はますます輝きを増しました。

 本当のご自身に気付かれたのです。
本来持っているちから、
今まで眠っていたちから、
に気付かれた。

 今までは気付き方が分からなかっただけ。
目覚め方を知らなかったのです。
周りに目覚めている人がいなかったから。

一度目覚め出したら勢いは止まりません。
人生の扉が大きく開き出します。

 先日、ある生徒さまに
『輝いてますね』
とお声を掛けたところ
『お茶室にいる時だけでもちゃんとしようと思って』
という言葉が返ってきました。

 素晴らしいと思いました。
それで良いのです。
1箇所を整えると、ドミノのピースから次々に新しい模様が生み出されるように、外見も内面も一変します。人生が音を立てて『ガラリ』と動き出します。
実際、その生徒さまは美しくおなりになりました。
 
 茶道のお稽古は月に数回。
たった数回と思われるかもしれません。
しかし、その数回に向けて心と気持ちを向けていくと、生活にリズムが生まれます。張り合いが出ます。

 そして大切なのは『仲間』
真剣な人には、真剣な人が現れます。
お互いに引き合います。
そこに新しいエネルギーが生まれます。
 
 言葉は要りません。
目や雰囲気で対話します。
そのお稽古の代表が『花月』であり『茶会・茶事』でありましょう。

 ペチャペチャとお喋りするだけがコミュニケーションではありません。余計はことを口走り後悔することもあり得ます。

 茶道では、無言であっても大きな満足感を得られます。魂と魂を添わせる。独特のあたたかさ。
これからの花月で私たちの目指す、一つのカタチです。

 花月のお稽古を、より充実したものにできるよう、よし庵では生徒さま向けの動画を配信いたします。
皆さまのお役にも立てましたら幸いです。
そして、よし庵の花月会にビジターとしてご参加いただけましたら、とても嬉しく存じます。

 今回の動画は以下3点につきましてのご紹介です。
・待合での動き
・折据の取り回し方
・茶室への入り方

 どうぞよろしくお願いいたします😌

世界一分かりやすい花月

2021年02月25日