法磨之式

法磨之式

1, 亭主の迎付け後、水屋に下がり花台を運び、花台は亭主の下座に置き、茶道口で『お申し合わせので上お花を』

2, お花を挿す人は床前に座り花入れを拝見、花づもりをして花入れに花を入れると茶道口で亭主は『どうぞお水を』花を挿した人が座に戻ると亭主は床前に座り一礼をして拝見をしてから花台を下げる。

3, 亭主は初炭をする。

4, 初炭が終わると亭主は折据を持って茶道口に座り正面を正して、正客の膝前に置き通い畳を右足から入って亭主の座へ進む。

5, 『どうぞ折据のお回しを』次礼をして折据を送る.正客は折据を右手で下座に置く。

6, 花のみ名乗り亭主は水屋に下がり正客の前にお菓子を運び下座の折据を持ってひと膝下座水屋へ下がる。

7, 濃茶点前の用意をして踏込畳敷き合わせ前で建水と帛紗を置いて茶道口へ下がり、『濃茶お点前をお願いします』

8. 花は点前座へ向かい建水を持って立つと亭主は茶道口から繰り上げる。

9, 花が点前座で柄杓を蓋置の上に置き総礼。次礼をして菓子器を回し、亭主が菓子器を正客膝前において自席に戻ると全員お菓子をいただく。

10,花が茶碗を定在に出すと正客は茶碗を取り座に戻って総礼、

11,正客の一口で『お服加減は』客正面へ回り控える。

12,茶をいただき亭主がお茶碗を膝前に置くと正客から『お茶碗の拝見を』

13,亭主が茶をいただきお茶碗を膝前に置くと亭主は点前に戻り水を一尺釜に入れて茶碗が戻るのを待つ。

14,亭主は拝見した後お茶碗を花へ返す。花はお茶碗を膝前に置き総礼。

15,水指の蓋を閉めると正客から『お茶入れ、お茶杓、お仕覆の拝見』

16,拝見お道具を定在に出すと棚正面に向かい、茶碗を建付け、棚のお棗を移動、柄杓蓋置は棚へ、建水を持って立つと連客は繰り下げ、亭主は茶道口へ、

17,亭主は踏込畳敷き合わせ前で帛紗は腰、建水を持って水屋へ下がり、茶碗を持ち帰り、水次で水を水指に注ぐ。


1, 花は柄杓蓋置を棚に飾り、建水を持つと連客は座を繰り上げ、亭主は茶道日へ向かいます。

2, 花は踏込畳敷き合わせ前で建水を置いてから帛紗を草に捌き建水も右側に置いて自席へと戻る。

3, 花が自席に戻るとお道具の拝見をします。

4, 亭主はお茶碗を引き水次で水差に水を注ぐ。

5, 四客は道具を定在に置き、正客は菓子器を下座に置く。

6, 亭主は茶道口で長盆を右向う左手前で正面を向うにして正客の膝前に置き、菓子器を下げる。

7, 亭主は席入りして座に座ると『どうぞお回しを』

8, 正客次礼をしては札箱をり膝前2目に置き長盆を送る。

9, 箱の右側に札を置いて箱に札を入れて箱は膝前の札の上に置く。

10,亭主は箱を取り下座2目に置く。

11,折据を長盆中央に置いて、長盆を右向う左手前に回して正客の正面に置く。

12,正客は札箱を下座に置いて、両手で長盆に置かれている下りず絵を両手で開き、右手で入れる。

13,入れたら次客へ送り最後の亭主も入れてから両手で折据を開いて手前に札を折据から出す。

14,札をすべて数字を上にして点数の高い順に並べる。
十種香札の裏に書かれた「月の一二三」「花の一二三」「数字の一二三」の順で、点前の採点を行います。
折据を盆の向こうに立てかけて、長盆を右向う左手前と回す。

15,亭主が長盆を持って正客正面に座ると花は左膝を立てて、亭主はひと膝下座を向き、花は踏み込み畳に向かう。

16,花が踏み込み畳で控える。正客から次礼をして順に点数札を拝見して札箱を右側の札の下に置き送る。

17,亭主は花の膝前に長盆を置いて自席に戻る。

18,花は両手をついて札の点数を拝見、長盆を押しいただいてから、真の礼、連客は総礼したのち自席へ戻る。

19,亭主は踏み込み畳に座り長盆を前にして総礼。長盆を水屋へもどしてから送り礼をする。



2021年03月09日