初花の点前座移動と繰り上げ

 

 

・亭主が仮座に入ってからの折据の回し方
・初花が替札を取って点前座に進む
・初花以下の連客による繰り上げの仕方

 この動画の動き、平花月で私が一番好きなところ。すごく好き。そのちょっと前から実は好き。

亭主が踏み込み畳の敷合わせに建水を置いて、
右足から立ち上がり、
右→左→右と真後ろに下がり、←ココ‼️ココが好き
右足で畳の縁を越えて、
右足で仮座に入る

 私はどうも、直進的な動きが好きなようです。
真っ直ぐが好き。なぜだか真っ直ぐな動きをすると胸がスッキリします。
特に気持ちいいのが『3歩下がる』というところ。
右→左→右の順番も好き。

 直角に曲がるのも好き。
その他の角度にもこだわりがあって、
3の倍数の角度が好き。
15度、30度、45度、60度、90度
これらは私の好きな角度

 ここに美を感じます。
私だけではないはず。
きっと日本人の好きな角度なのでしょう。
家紋にはこの角度が多用されているようですから。

 折据の回し方も好き。
右手で水平に持って、
左手の親指が折据の縁の中央、
右手は中央を縦に持つ。
おー!またもや直角ではないですか!
お隣に渡す時も直角。
隠れミッキーならぬ、隠れ直角。
 
 いいですねぇ、直角!
スパッとね。行っちゃってください!
中途半端に曲がるのはどうしても嫌なのよ。
曲がるなら、
半円、弧、放物線、フィボナッチ数列
どうしても何らかの法則性を求めてしまう。
 
 動きも一定が好き。
あんまりゆっくりなのはダメみたい。
キビキビとね。モタモタはダメよ。

 そして本日の動画のフィナーレ(花月は始まったばっかりだけど。お茶も点ってないし😅)

繰り上がり〜!よっ、待ってました! \( ˆoˆ )/

 そうそう、ここもリズム良く!
お客様になるから右足から立ちますよー!
進行方向の足で立つのです。

右足から立つんだけど、 
左足が畳の縁ギリギリに進み、
右足で縁を越えて、
左足も下がったら、
右足が直角に進む。
出ました!直角!いいねぇ。胸がスッとするね。

この繰り上がりを、みんなで揃えて動けたら、
ああ、最高です😚
まだ経験ないのですが…。
そのうち、そのうち。

2021年02月28日