奥秘伝 行之行台子が面白い! 乱れ荘り

 

象牙の茶杓はどこで削られても唐物の扱いをします。「象牙」自体が輸入品だからです。
室町時代の茶杓は「茶杓師」によって作られるようになります。

この時代、珠光の門人とも言われる「深見珠徳」が節無しの長茶杓を創作し「珠徳形」といわれるようになりました。

茶杓中節は利休からとも言われてます。
しかし以前から中節はありました。

利休以降は茶杓の作は「茶杓師」から「茶人や僧侶」へと移り、やがて茶人や僧侶の「下削り」を行うようになります。
なので「職人」の素晴らしい茶杓でも「水屋用」であり「稽古用」のものです。

「茶杓」は「茶人や僧侶」のオーラを価値の基準とします。
「千家十職」の一人「黒田正玄」の茶杓であっても、「御家元」「御住職」の「仕上」と「銘」が付いて初めて使える「茶杓」となるのです。

茶杓には入れ物である「筒」や「箱」に記して茶杓の保存に竹筒に栓、封印と署名をして、それに箱書きが加わります。

「象牙の茶杓」は「利休形」「珠徳形」「利休形に真塗り」のみが「真」の茶杓です。
「行」にあたる茶杓は「元節」茶杓です。
「中節」の茶杓は「草の茶杓」で「伝物」を除くすべての点前に使用します。
「蒔絵」などの「塗りの茶杓」は「茶人や僧侶」の手から「職人」の手に委ねられた物で「草の草」の茶杓になります。

象牙茶杓の中でも「芋の子」茶杓は薬匙を使ったので薬箱の転用である「茶箱」のお点前として楽しむ意外には使用できません。

ところで「行」にあたる茶杓は「元節」茶杓です。
真が唐物、中節が和ものであるならその中間は元節になります。

水墨画で有名な雪舟は実はカラーで色彩豊かな絵を描きたかったが、義満の時代には金閣寺でしたが、義正の時代には慈照寺観音殿、つまり金閣寺とは違って張りぼての銀閣寺になります。
1467年~1477年まで続いた応仁の乱で莫大な戦費で疲弊してしまったため買えなくなったからです。カラーや「象牙」などの美術品も買えなくなり、その代用として竹の「元節」が誕生した。
雪舟と村田珠光、そののちに竹野紹鷗となりますが年代としてはほぼ重なります。
カラーから水墨画、「象牙」から竹の「元節」茶杓となったわけです。

奥秘伝では「行之草台子」、「行之行台子」、「行之真台子」がございますが、いずれも元節を使います。

「行之草台子は「草之台子」の影響が感じられ、「行之真台子」は「真之台子」への準備と思われます。
「行之行台子は「草之台子」や「真之台子」の中間なので「乱れ荘」になってしまったのですね。

「行之行台子は「草之台子」や「真之台子」の影響を受けていない「行之台子」の世界を感じます。

2021年05月29日